介護の仕事

  1. トレジョブトップ
  2. 介護の仕事

介護の仕事内容とは

介護の仕事の目的及び介護職員の役割


介護の仕事の目的はご利用者の怪我や病気を治すことではなく、日常生活を支えることが目的です。
日常生活とは朝起きてから夜寝るまでに行うことです。

例えば朝起きたら歯をみがき、顔を洗い、朝食、掃除、洗濯、買い物、昼食、お風呂、夕食、就寝。もちろんテレビを見たり、出掛けたりすることもあると思います。
そして1日1回はトイレにも行くと思います。これらの日常生活を支えることが目的です。

介護職員の役割はご利用者に対して「なんでもやってあげる」「なんでもしてあげる」ということではありません。
例えるなら介護職員は「メガネ」の存在になることです。

「メガネ」は目を治す道具ではなく、治せない目の状態を補って日常生活を送れるようにする自助具です。
メガネをかけても肝心な目は良くなっていません。
介護職員が行うことは「メガネ」の役割になって「必要な支援を必要な人へ必要な分だけ行う」ことが役割です。


介護サービスの種類


介護のサービスは多々ありますが、大きく分けると2つに分類されます。

■在宅系サービス
介護職員がご利用者宅に伺って行う訪問サービス(訪問介護や訪問入浴介護等)は、ご利用者がご自宅から事業所へ通う通所サービスや宿泊サービス。その中間にあたるサービスもあります。
近年、リハビリに特化した通所サービスも増えており、ご本人の状態に合わせた内容のサービスもあります。在宅系サービスは「家」が拠点となります。

■入居系(入所)サービス
ご自宅での生活が身体的、認知症等の理由により難しくなり、施設に入居し介護サービスを受けるところになります。 認知症の状態である方しか入居出来ないグループホーム(認知症対応型共同生活介護)や自宅復帰を念頭においている老人保健施設、終の棲家となる特別養護老人ホーム等があります。
護の仕事は現場で介護業務を行う以外に、介護サービスの利用を検討している方やご家族の相談に応じたり、ケアプランを作成する仕事(ケアマネジャー)等もあります。また、施設長など様々な視点からマネジメント に専念する仕事もあります。


介護の仕事は資格がないと働けない?


介護職員の仕事は資格がないと働けないと思っている方が多くおりますが、介護保険法上では無資格でも働けるサービスが多くあります。
特に通所系サービス、入居系サービスでは無資格で働けるサービスが多くあります。これは国家資格である介護福祉士が任用資格であることも理由の一つかもしれません。
誰にでもできる仕事ではありませんが、誰にでも仕事を始めるチャンスがあるということかもしれません。

法人によっては介護保険法では無資格でも良いと言われていても最低限の介護の資格は必須として募集している事業所もあります。
また、資格取得支援制度を導入している会社も多くあります。

さらに都道府県においても資格取得を支援している制度もあります。
東京都であれば毎年5月頃より、東京都介護職員就業促進事業という働きながら介護の仕事を期間限定で行う制度を実施しております。


介護業界の現状とは?


年々人手不足で困っている

ここ数年、介護業界の課題の一つに、人手不足があります。
高齢化に伴い介護を受ける、支援者がいないと日常生活を営めない方が多くなっているにもかかわらず、介護事業所は人材が集まらずに苦労していることが少なくありません。
では、どの程度、人手が不足しているのでしょうか。

公益財団法人介護労働安定センターの「平成29年度介護労働実態調査」によると、66%の事業所が「介護サービスに従事する従業員」に対して「不足感がある」と答えています。
過去4年連続増加しており、慢性的に人材不足であることがわかります。

これを職員別に見ると、訪問介護員が82.4%、介護職員が66.9%となっており、訪問介護員の人材不足が極めて高いことがわかります。
また、不足している理由については、88.5%の事業所が「採用が困難である」と答えています。

これからも更に求められる仕事である

もちろん、国も介護業界の人材不足に対して、何もしていないわけではありません。
2017年4月、職員のために職場環境の改善やキャリアアップの取り組みを行った事業所に対して、賃金アップのための補助を行う「介護職員処遇改善加算」の改定・拡充を実施しました。

また、多くの業界がAI導入による自動化を検討しているように、介護業界でも介護ロボットなどのテクノロジーを導入している事業所が増えるよう、様々な助成をはかっております。
これらの取り組みにより、介護者の待遇改善や負担軽減が期待されていますが、介護の仕事の対象者は"人"であります。
支援される際、相手がロボットであることを考えると…違和感を覚えてしまうことも否めません。やはり自動化が難しい領域も多数あるため、検討は慎重に進められているのが現状です。


介護の仕事に就くメリット(良い点)とは?


介護の仕事につくことで得られるメリットは数多くあります。

メリット1:キャリアを築きやすい
人手不足が続いている介護業界では、「優秀なスタッフを一人でも多く採用し、長く勤務してほしい」という理由から、採用や人材育成に力を入れている事業所がたくさんあります。
また、介護職に関係する資格も多数あり、自分の目標を築きやすい点もあります。着々と実務経験を積みながら資格取得していきましょう。

メリット2:正社員登用や継続雇用などの制度が充実
パートやアルバイト、派遣スタッフからスタートしたスタッフを正社員に登用する「正社員登用制度」や、定年後も働き続けることができる「継続雇用制度」を設けている事業所もあります。
人生のいつからでも働き始められる介護職は、様々な方が仕事を始める機会の場となっております。
介護職の求人を探す時には、「正社員登用制度」や「継続雇用制度」などの制度があるかどうかもぜひ、確認しておきましょう。

メリット3:過去の経験が役に立つ仕事である
体力仕事のイメージが強い介護職ですが、力仕事をしてきた男性であればそこまで重労働と感じないかもしれません。
サービス業で培ったコミュニケーションスキルを活かせたり、ご利用者の様子を記録、ケアプランの作成など多くの事務作業の仕事も含まれるため、 パソコンスキルやマネジメント力など様々な経験・スキルが活かせる職種となっております。

メリット4:自分の両親の介護に活かせる
なかなか自分の親だと…という意見はありますが、介護のスキルをプライベートで活かすことも可能です。
皆さんのご両親が介護を必要とした時、介護のスキルや知識を持って適切な判断を下せること。これは、高齢化社会に生きる私たちにとって実は大きなメリットなのです。
また、介護事業所などの関係者と繋がっておくこともメリットであります。専門職への相談が気軽にできる環境を作れることも介護の仕事の魅力かもしれません。

メリット5:自分の人生観が変わる
介護という仕事は人との関わりです。
様々な方の人生と触れることで、自分自身の人生観が変わります。
相手の気持ちを汲みとり、今必要なことは何かを考えながら支援する仕事内容は、きっとご自身を変えてくれることでしょう。


介護の仕事のデメリットとは?


デメリットについても見ていきましょう。
「きつい」「大変」「しんどい」というイメージのある介護職ですが、実際はどうなのでしょう。

デメリット1:待遇が他業界に比べて低い
厚生労働省の「平成29年賃金構造基本統計調査」によれば、2017年時の介護職員の所定内賃金は介護職が20万8,162円、訪問介護員が19万7,041円となっています。
全産業の平均月給が30万4,300円ですから、かなり低いことがわかります。

介護職の給料が安い理由の一つに、「無資格者の賃金が安く抑えられていること」があります。
この場合、資格取得により待遇がアップされるケースがほとんど。
無資格の方は、会社の支援制度を利用して、積極的に資格を取得していくと良いでしょう。

また、先に紹介したとおり、2017年に「介護職員処遇改善」の改定・拡充が実施されました。
介護職員の処遇のために作られた制度ですので、賃金は少しずつ上がっております。
企業によって考え方様々ですが、キャリアアップ、正社員登用後に給与が上がるような仕組みをもっているところもあります。

なお、「平成29年度 介護労働実態調査結果」によれば、「前職の介護職を辞めた理由」で「収入が少なかったため」と答えた人は全体の15.0%。
28年度の16.5%から1.5ポイントダウンしており、この結果から介護職の待遇が改善されつつあることがわかります。

いずれにしても、その企業の取り組みには着目して就職先を探したいところです。

デメリット2:体力が求められる
ベッドから起こしたり、車椅子に移乗したりと、介護の仕事に体力は不可欠。
介護者が女性の場合、自分よりも身体の大きなご利用者(男性)を担当することだって珍しくありません。
そのため、体力的な負担が大きくなり、仕事をしながらストレスを感じたりすることもあるかもしれません。
体力的な仕事の面もありますが、福祉用具(自動ベットや自助具)や介助しやすくなるためのスライドシートなど、道具を用いた介護技術をはじめ、ご利用者も介護者も負担にならないような介護技術も多く出てきました。
はじめからは難しいですが、少しずつ技術をもった介護ができるようになり、ストレスも和らいでくることでしょう。

デメリット3:土日勤務や夜勤もある
入居系の施設、365日型の在宅型の事業所の場合、交代制で土日休日や夜勤勤務があります。
通所系の事業所は日中のみの勤務となりますが、土日休日も営業しているところも増えているため、こちらも交代制により休日勤務があり得ます。


介護の仕事のやりがいとは?


一人で生活することが難しくなった高齢者や障がいを持った方々に対して、生活の支援をする――介護の仕事には、「人の役に立つ」というかけがえのないやりがいがあります。
「自立支援」というキーワードもあります。何かをして差し上げて「ありがとう」と感謝されることではなく、自立支援を促すことで「ありがとう」と感謝を伝えることのほうが大切です。
何でもして差し上げることはご利用者の役割や意欲を奪い取ることに繋がる可能性もあります。

人と向き合う仕事なので、時には上手にコミュニケーションが取れずに悩むこともあるでしょう。
たとえば、常にムッとした表情を浮かべているご利用者。
そんなご利用者に対して、何度も話しかけ、関わり、生活の支援をしていく中で、少しずつ心を開いてくれるようになります。

心と心が通い合い、自分が行った支援が役に立っていると実感できる瞬間を、何度も味わうようになります。
「この喜びがあるから、介護の仕事を辞められない」と感じる人もいます。
介護の仕事を「楽しい」と感じている人は、皆さんが想像している以上に多いのです。


介護の仕事に向いているのはどんな人?


多くの仕事に適性があるように、介護の仕事にも向き不向きがあります。
介護の仕事に向いてる人は、具体的にどのような人を指すのでしょうか。

人と関わることが好きな人
仕事柄、高齢者や障がいを持った方の生活を支援するため、人の役に立つことにやりがいを感じられる方に向いた仕事です。

聴くことができる人
介護技術、実際には損談援助技術に「傾聴」という言葉があります。
目と耳と心を相手に傾けながらきくという意味であり、高齢者や障がいをもった方の気持ちを受け止めることが大切です。
伝えることも大切ですが、聴くことは更に重要な視点であります。

小さな変化に気づける人
自立した生活が難しい方々をサポートするのですから、常に利用者の様子を観察し、わずかな変化にも気づくことができる視点が求められます。
たとえば、「いつもより表情が暗いな」「このレクリエーションをしているときは、いつも楽しそうだな」といった具合に。
初めて施設(事業所)を利用する方はもちろん、長年利用している方を注意深く観察することも大切です。
介護職一人ひとりの気づきがきっかけとなり、ご利用者が本当に必要とする支援を提供できるようになります。

協調性がある人
介護の仕事は一人で行うものではありません。
仲間の介護職や現場のリーダー、施設(事業所)に常駐している看護師、ご利用者のご家族、ケアマネジャー、自治体や医療機関、他の福祉施設、今では地域住民など、さまざまな人と関わりながら仕事を進めていきます。
そのため、協調性のある人に向いた仕事と言えます。


思い込みを捨て、まっすぐな気持ちで介護の仕事を考えてみよう。


ネガティブなイメージも持たれがちの介護の仕事ですが、実は多くのやりがいを得られる仕事であり、キャリア形成の上でもメリットがたくさんある仕事であることが理解できたと思います。
人材が不足していたり、他業界よりも待遇が低かったりと、まだまだ課題もありますが、少しずつ改善されつつあります。

「向いているかもしれない」「興味がある」という人は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。「一生続けたい」と思える仕事に出逢えるかもしれません。