介護の基本

  1. トレジョブトップ
  2. 介護の基本

介護の基本(基礎)知識

親の介護が始まると、その先にどんなことが待っているのでしょうか。
ここでは介護生活がはじまったときに役立つ基本的な知識を紹介していきます。

ある日突然始まる介護。最初に相談すべき場所


ケガや病気で突然介護が必要になったとき、まずは行政の相談窓口へ行きましょう。


役所・地域包括支援センターの相談窓口へ


介護で困った時には、まずは市役所や区役所にある介護保険課などに相談することから始めましょう。

また、お住まいの地域ごとに設置されている「地域包括支援センター」も同様に介護専門の相談窓口です。
最寄りのセンターの場所は役所で教えてくれますし、ネットでも「お住いの地域名 地域包括」で検索すれば簡単に出てきます。

地域包括支援センターへ出向き相談する場合と、相談員に自宅まで来てもらって相談するという方法があります。
その際、例えば親の認知症のことなど、本人がいる前では話しづらいようなことがある場合は、地域包括支援センターへ出向き相談してみると良いでしょう。
今では身近に介護の専門職も増えております。信頼できる方であればそういった身近な方への相談も良いでしょう。


介護認定の申請


具体的に介護保険サービスを利用したい場合は、要介護認定の申請が必要になります。
この申請を進めると、主治医に書いてもらう「主治医意見書」と調査員が本人の生活状況を確認しにくる「認定調査」の結果で、介護レベルを表す要介護度が決まります。
また、申請には主治医のいる病院名や医師名が必要になるため、それをわかるようにして申請手続きを行いましょう。
申請から認定結果が出るまでに約30日程度かかります。


介護認定がおりたら介護保険サービス利用の手続きを


手続きや相談を終えて介護認定の結果がおりると、介護保険証が送られてきます。
ここからは具体的に介護保険サービスを利用するための手続きを解説します。


介護サービスを利用するにはケアプランが必要


まず、介護サービスを利用するには、ケアプラン(介護サービス計画)の作成が必要です。
ケアプランの作成は「ご本人・ご家族が作成する(セルフケアプラン)」又は専門知識を持った「ケアマネジャーに依頼して作成してもらう」という二つの方法があります。
しかし、ご本人・ご家族が自力で作成するには知識と労力がかかるため、ケアマネジャーに依頼した方がスムーズです。
そのため、まずは担当のケアマネジャーを決める、という手順が必要になります。


担当のケアマネジャーを探す


認定結果には大きく「要支援」と「要介護」があります。要支援の認定が出た方は、地域包括支援センターのケアマネジャーが、要介護が出た人は、居宅介護支援事業所のケアマネジャーが担当することになります。
平成18年からご利用者を包括的に支援する小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーが担当することも可能です。

要介護の人は、市区町村役場からケアマネジャーが在籍している「居宅介護支援事業所」の一覧(小規模多機能型居宅介護)をもらい、その中からケアマネジャーを選ぶことになります。


必要な介護サービスについて相談する


ケアマネジャーを見つけたら困り事をどう解決していくか相談しましょう。
何に困っていて、どういったことが大変か率直に伝えます。

それに対して、どのような解決策があるのかケアマネジャーが提案してくれます。
その提案を聞いて、最終的には本人・家族がどうするのかを判断し、サービス利用の手続きを進めていきます。


介護施設への入居を検討する場合


ここまで自宅で介護サービスを利用することについて解説しました。
しかし、自宅介護ができないご家庭もあるはずです。その場合は介護施設も検討してみましょう。
実際に入居をする場合には、どのような流れになるのか、見ていきましょう。


多様化する介護施設の種類


高齢者人口の増加に伴い介護施設も多様化しています。
代表的なところで以下のような種別の施設があり、それぞれサービス内容や入居対象が異なります。
  • ・特養(特別養護老人ホーム)
  • ・老健(介護老人保健施設)
  • ・療養病床(介護療養型医療施設)
  • ・介護医療院
  • ・有料老人ホーム
  • ・軽費老人ホーム
  • ・グループホーム(認知症対応型)
  • ・サービス付き高齢者向け住宅
  • 親の入居先としてふさわしい施設はどの種別かを考えてみましょう。


    介護施設の探し方


    どのような施設があるのか情報収集をしましょう。
    お住まいの地域によっては、介護施設の情報がまとめられた冊子を市区町村役場で手に入ります。

    その中から自宅に近いところや、入居にかかる費用など参考にしながら見学する施設を決めます。
    見学するときには、施設の相談員宛に電話をし見学予約をしてから、見学しましょう。
    見学をして希望に合う施設を見つけたら、入所の申し込みを行います。

    見学する際、もちろん綺麗な建物や環境は大切ですが、そこで働いている「人」に着目してください。
    このような方にみてもらえるなら安心だと思える「人」に出会えたら素晴らしいことですね。


    介護を取り巻く社会的背景


    突然の介護が必要になったら、仕事や家事など自分の生活を保ちながら、親の介護も行うということもあるでしょう。
    介護するうえで、社会的活動をどのように継続するかということも問題になっています。
    介護を取り巻く社会的背景について見ていきましょう。


    老老介護


    老老介護とは、65歳以上の高齢者が、同じく65歳以上の高齢者を介護している状態を言います。
    高齢夫婦で介護をしていたり、65歳以上の子供が親の介護をしているという状態です。

    介護者は、介護による疲れなど体に対する負担がかかります。資格を持った介護職員でも腰を痛めることがあります。
    高齢者が高齢者を介護することは、介護をする側も介護が必要となる危険性が高いと言えます。

    また精神的な負担も重く、高齢介護者の自殺や要介護者と共に命を絶つという報道も相次いでいます。
    老老介護の負担を軽減するための体制づくりが求められています。


    認認介護


    認認介護とは、認知症の高齢者が同じく認知症の方を介護している状態を言います。
    認知症は、記憶力や判断能力の低下などがみられ、日常生活に支障を来す状態のことです。

    認知症の高齢者が介護をすることで、例えば一度飲ませた薬を再び飲ませてしまったり、食事を食べたと思いこんでしまい、食事を与えないといったことも生じてしまいます。
    他にも判断能力の低下により、高齢者を狙った詐欺にかかってしまうこともあり、周囲のサポートが必要な状況です。


    ダブルケア


    ダブルケアとは、子育てと介護を同時に行っている状態を言います。
    自分の家庭生活をしながら、親の介護を行うという状況です。

    女性の社会進出や、晩婚化、出産年齢の高齢化により、子供の育児と親の介護が同じ時期になってしまう背景があります。
    また家族間の人間関係が希薄化し、家族間での協力が困難なため、ダブルケアを強いられている状況もあります。


    ダブルケアは、女性が主に強いられる場合が多く、女性に対する負担増がみられます。
    精神的にも、負担がかかり、日頃の苦労を聞いてくれる人がいないなどの声も聞こえています。


    介護をする状況は家庭によって大きく異なる


    介護は個別性が高く、その状況はご家庭によっても大きく異なります。
    大切なのは、介護について相談ができる人、心の支えとなる人がいてくれることです。
    それは家族でもかまいませんし、ケアマネジャーなどの外部の人でも良いでしょう。

    話がしやすく日頃の悩みやストレスのはけ口となる人が、介護生活には欠かせません。
    また、介護を取り巻く状況は、少しずつ変わってきており、サポートしてくれるサービスも増えてきています。

    突然介護が必要な状況になり、不安になることもあるかもしれませんが、相談できる人などの支えを受けながら、介護サービスを上手に活用し、負担の少ない介護生活を送ってみましょう。